学校創立110周年記念式典・記念講演会

110周年記念行事, 笠商の日々 Add comments

平成23年10月25日(火)10時より、本校体育館にて、多数のご来賓のご臨席を賜り岡山県立笠岡商業高等学校創立110周年記念式典を挙行しました。

 本校3年生 久保 茜さんが司会を務め、村上教頭の「開式の辞」により記念式典が挙行されました。
「校長式辞」では吉田信校長が、まずは東日本大震災で犠牲になられた方々に哀悼の意を表し、この中で学校創立110周年記念式典が挙行できることへの感謝を述べられました。
 そして、本校が今日に至るまでの歴史からはじまり、教育関係者の方々の情熱、同窓会の力強いご支援、地元関係各位の本校に対する深いご理解・ご協力に対いし、深甚なる謝意と敬意を述べられ、生徒には「素晴らしい諸先輩方が築いてくださった伝統を次の時代につなぎ、新たな伝統を創り上げて行くのは皆さんです。今日の記念日を機に将来への夢を大きく育んでいってください」と、激励の言葉をおくりました。

            
                記念式典開式の辞                     吉田信校長式辞

岡山県教育委員会祝辞に続き、同窓会功労者、PTA功労者、教育功労者の方々に感謝状並びに記念品の贈呈、来賓祝辞、吸江会会長・PTA会長・生徒代表による挨拶がありました。最後に、校歌を斉唱し、厳粛かつ盛大に式典を閉式しました。   
         受賞者代表挨拶                生徒代表挨拶                 校歌斉唱

式典後には、渋沢栄一記念財団渋沢史料館 館長 井上 潤 氏による、「近代日本社会のリーダー 渋沢栄一」と題した記念講演会が行われました。講演会の最後に、渋沢栄一氏の”地方は真に国家の元気の根源”とする考えに触れ、本校の授業で行っている笠SHOPには、この渋沢栄一氏の精神が生きていると嬉しい言葉を頂きました。

  
         記念講演会                講師 井上 潤 氏                  花束贈呈
 
 



Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン