“学宝その⑦” ユーカリの木

笠商の日々 Add comments

◆ユーカリはなぜ笠商の校歌冒頭に登場するのか?
 
 「ユーカリわたるそよ風に 商神の旗なびかせて~」の歴史を探ります。

            校歌(mp3)校歌(吹奏)[MP3 1.2MB]       ※左をクリックすると笠商校歌が聴けます

◆『運動場の周辺に植えた指の太さほどだったユーカリなども大きく育っていることであろう』と、
第九代校長・赤木雅二先生が笠商創立25周年記念式(大正15年・1926年)を回顧されています。(笠高五十年誌)
このときから、ユーカリ渋沢栄一津田白印扁額と共に笠商のシンボルとなりました。 

DSCF0811

                                       1968.10.13 体育祭 生徒を見守るユーカリ  
ユーカリの伐採と再生
さまざまな思い出と母校の歴史を  
その年輪に残してきたユーカリの巨木は
運動場拡張工事の始まりとともに切り倒され
これからの笠商の歴史とともに育ちゆく新しいユーカリが
命を復活させようとしています。
1975年の卒業アルバムより

 DSCF0798

 ◆現在のユーカリです。本館前に大木があります。
美術の時間に1年生がスケッチをしていました。ユーカリもよろこんでいます。
運動場西側の巨木があった場所に植えられたユーカリは状態が悪く、
東側にある、近年の卒業生が記念植樹したユーカリはまだ生育途中です。
笠商のシンボルであるユーカリの木陰に生徒が憩う…。
そんな日の来ることを願って、運動場のユーカリ再生を今後に期しています。



Comments are closed.

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン