クラス討議①

 at 19:11 笠商の日々 クラス討議① はコメントを受け付けていません。

4月26日(金)
今日はLHRの時間に生徒総会に向けてのクラス討議を行いました。
これまで以上によい笠商を作っていくためにクラスで様々な議論が交わされました。
白熱な議論が交わされるのも、生徒の声が学校に反映できる笠商ならではかもしれませんね。





1年生の授業風景

 at 08:18 笠商の日々 1年生の授業風景 はコメントを受け付けていません。

1年生授業にお邪魔してきました!

入学して2週間程度経ちましたが、みんなパワフルでやる気をもって授業を受けていました。
こっちまで元気になりました!

 





1年生★宿泊研修に向けてスタート!

 at 18:19 笠商の日々 1年生★宿泊研修に向けてスタート! はコメントを受け付けていません。

 

 

本校の1年生は毎年5月下旬に1泊2日の日程で玉野スポーツセンターで宿泊研修を行います。
今日のLHRで1年生はまず、体育館で過去の宿泊研修のスライドショーを見て『予習』をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその後各クラスに戻って、笠商名物『歌うキャンプファイヤー』に向けての準備をしました。

 

 

 

 

 

どのクラスもワイワイガヤガヤと楽しそうに話し合いができていました。

今年はどんな宿泊研修になるか、今から楽しみです。

 





渋沢栄一と笠商の関係

 at 16:23 笠商の日々 渋沢栄一と笠商の関係 はコメントを受け付けていません。

今話題の新一万円札の肖像画として選ばれた近代日本経済の父「渋沢栄一」と笠岡商業は実はつながりがあります。

「学を好むは知に近し」の額です。
この「好学近乎知」の扁額は、昭和3年本校創立二十六年目に完成の講堂に掲げられたもので、渋沢栄一の揮毫です。岡山とは何かと縁深い渋沢栄一でしたが、実業教育への支援を深められていた晩年、本校の教育方針にも共鳴され、「中庸」 からこの五文字を、求めに応じて早速に書いて下さったそうです。八十九翁青淵という落款のあるこの額は、今は正面玄関に掲げられ、今の生徒にも「学ぶ」ことを力強く語りかけて下さっています。

 

笠岡商業にお越しの際は是非ご覧ください。





転退任式②

 at 20:22 笠商の日々 転退任式② はコメントを受け付けていません。

転退任式での先生方のメッセージより

歳森校長先生
何か一つ、人に負けないものを作ろう。

河内先生
今回、3回目の笠商の卒業。自分自身は好きですか?笠商は好きですか?

木村先生
笠商生の笑顔はすばらしい。それは学校生活が充実している皆さんの内面が表情に表れているから。

柴谷先生
失敗に無駄はない。
最高の再会を!!

近藤先生
笠商で初めて「指導者」としての喜びを感じることができた。

宮城先生
沖縄の方言で「なんくるない」は「まっとうに生きていれば、何とかなる」の意味。まっとうに生きる、ということが大切。

森西先生
好きなことだけでなく、嫌いなこともどう楽しむか。

藤井先生
苦手な人から注意されても、大切なのは「誰に注意されたか」ではなく「何を注意されたか」。

別所先生
笠商生は笑顔でちゃんと相手の顔を見て挨拶ができる。これからも一生続けてほしい。

心に残るお言葉をありがとうございました。
私たちも先生方に負けないように、これからも頑張ります。





WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS ログイン