平成19年度~21年度の3年間,岡山県教育委員会から「学力向上アクティブハイスクール支援事業」の指定を受け,さまざまな活動に取り組んできた。
 中心としたのは,
  ①コーチング技術を取り入れて,生徒指導や授業をはじめ教育活動全般に生かすこと
  ②授業評価・授業公開などにより,授業改善に組織的・継続的に取り組むこと
  ③地域との連携をはかり,地域社会の教育力を活用し,生徒の体験的学習を推進すること
の3つである。数値にはっきり表れる成果を得ることはできなかったが,学校の教育活動全般にわたる活性化が見られた。

 キーワード[コーチング,授業改善,地域連携,学校活性化]

2010年3月3日 (水)   岡山県立笠岡商業高等学校・アクティブハイスクール推進委員会